妊娠中 便秘解消

妊娠中の便秘解消は安全性重視で!

妊婦さん

念願の赤ちゃんを授かったアナタ、゚*。★おめでとうございます★。*゚(*V_v艸)

 

でも、同時につわりと便秘に苦しめられるのが辛いですよね;
つわりは時期が過ぎれば治まりますが、便秘はドンドン酷くなります。

 

直ぐに解消したい!って気持ちはよく分かりますが、先生に処方されたからといってもラキソベロンやマグミットに頼るのはよくありません。
特にプルゼニドを処方された人は要注意!

 

安全性が高いとはいっても薬は薬、100%安全だとは保証されていません。

 

ここでは特に安全性が高く、妊婦さんに評判の便秘解消商品を厳選し比較してます。
産後、授乳で育てたい人は特にチェックしてくださいね☆

妊娠中の便秘解消ランキング

するっと抹茶

安心、安全を第一に無理のない自然に出す力を養う便秘解消食品。そして葉酸がたっぷり配合されているので便秘解消を目指しつつ同時に妊娠中に必要な養分も摂れること。抹茶味で美味しく続けやすいのもポイントですね♪
デメリットは効果が体感できるまで、最低10日は続ける必要があること。これは出すことが目的ではなく、便秘の根本を解消する「するっと抹茶」の特徴ではありますが・・今、辛い状況を乗り切るためにピンポイントで処方された下剤を併用し、少しずつ下剤に頼らない生活を目指してくださいね。

便秘解消効果 安全性 口コミ評判
妊娠中,便秘解消,妊娠初期,妊娠後期 妊娠中,便秘解消,妊娠初期,妊娠後期 妊娠中,便秘解消,妊娠初期,妊娠後期

カイテキオリゴ
安心、安全はするっと抹茶と同じく問題無し。オリゴ糖の食品ですが、その効果は乳酸菌や食物繊維を配合した便秘解消サプリをしのぐほど効果的。食事をキッチリ取っている人ならカイテキオリゴは最高のパートナーとなってくれますし、他の乳酸菌サプリやヨーグルトと併用するとより効果を発揮してくれます。デメリット、というよりもオリゴ糖の働きは既存の善玉菌をサポートする効果で腸内環境を整えるため、妊娠前から長年にわたり便秘だった人の場合、かなり時間が掛かります。どうしようも無い時は下剤を併用しつつ、気長に前向きに便秘解消を目指してくださいね。
便秘解消効果 安全性 口コミ評判
妊娠中,便秘解消,妊娠初期,妊娠後期 妊娠中,便秘解消,妊娠初期,妊娠後期 妊娠中,便秘解消,妊娠初期,妊娠後期

マタニティブレンド

助産師の浅井貴子さんが開発に携わり安心、安全性を最重視して厳選ハーブをブレンドしたハーブティー(妊娠前期から中期用)。便秘解消効果は他の商品に劣りますが、冷え対策・むくみ対策・そして便秘対策と妊娠中に気になる症状の緩和を目指した正に妊婦のための商品です。なお、シリーズには妊娠中期から後期用、授乳中前期から後期用と状況に合わせて選べるのもポイントです。デメリットはやはり便秘解消効果(腸内環境改善効果)への期待値が他の商品よりもかなり低いこと。あくまでも妊娠中のトータルケアが目的ですので、妊娠を機に便秘になった人以外にはオススメしかねます。

 

便秘解消効果 安全性 口コミ評判
妊娠中,便秘解消,妊娠初期,妊娠後期 妊娠中,便秘解消,妊娠初期,妊娠後期 妊娠中,便秘解消,妊娠初期,妊娠後期

 

どの商品もあなたや赤ちゃんに問題なく摂取できる安全性を重視してピックアップしてますので、味や摂り方を参考にチェックしてみてくださいね☆

 

⇒ 各種比較ページはこちらから

するっと抹茶が妊娠中の便秘解消に良いワケは?

妊娠中でも安心して摂れる安全性
痛くならない“自然なお通じ”
妊娠中に必要な栄養を配合

 

 

 

特にその安全性は特筆すべきほどで、無加工・無添加・ノンカフェインは当たり前。
妊娠中のあなたはもちろん、繋がっている赤ちゃんへ届いても大丈夫なことを大前提に作られています。

 

原材料も厳選した100%天然素材を配合。

 

 

 

 

 

「グア豆」

食物繊維の王様とも言われる水溶性食物繊維の宝庫。

 

「桑抹茶」

栄養の宝庫と言われる桑の抹茶をまるごと贅沢に配合。

 

「てんさい糖」

大地の贈り物、天然のミネラルをたっぷり含んだ天然素材。

 

 

無理して出すのではなく自然に出すってことが大切!

 

出すだけを目的とせず、必要な養分を補いつつカラダに必要なものとそうでないものをしっかりと分別して出すことが目的だからおのずと腸内環境が整ってきます。

 

妊娠中は特に口にするものを選ぶことが大切な時期。

 

とっても優しいするっと抹茶なら、妊娠中も産後の授乳中も安心して続けることができますよ。

 

⇒ 安心・安全に便秘の解消を目指すには食物繊維に加え乳酸菌も意識することをおススメします。

どうして妊娠中は便秘になりやすいの?

妊婦さん

妊娠中、便秘になり易い原因は・・

 

女性ホルモンの影響
子宮が腸を圧迫
運動不足

 

の3つが大きな原因です。
妊娠中の女性の50%以上は便秘を経験していると言われています。

 

女性ホルモンの影響に関する詳細

 

妊娠すると女性ホルモンの1つ、プロゲステロン(黄体ホルモン)が通常の約20倍も分泌されるようになり、そのホルモンの作用によって腸のぜんどう運動(排出の仕組み)機能が低下してしまいます。さらにプロゲステロンには水分をため込む作用もあるため、腸内の水分が不足しがちになってしまうのですね。

 

その結果、本来人が持っている排出機能の低下と水分が少なくなることから通常よりも便が硬くなって出にくくなるという2重の影響を受けることが妊娠中に便秘となり易い原因です。

 

そこに、お腹の赤ちゃんが大きくなる事で圧迫され腸が本来もつ機能を制限されること。
身重になることで運動不足になり筋力(排出にまつわる筋力も)が衰えること。

 

このように妊娠中は3重、4重と原因が重なることで、特に妊娠後期の便秘が酷くなってしまうのです。

妊娠中の便秘解消に大切なことは?

妊娠中を問わず便秘の解消に最も必要なことは「腸内環境の改善」です。
妊娠中は特にプロゲステロンの作用で腸の機能が衰えがちですから、

 

水

 

 

 

食生活を普段以上に意識すること
水分補給を日に1.5L〜2Lは摂取すること

 

が大切です。

 

 

 

 

食物繊維が多い食品

(ゴボウ、こんにゃく、にんじん、カボチャ、マンゴー、ブール-ベリー、プルーン、キウイ、
リンゴ、バナナ、そば、各種海藻類などの植物系食材)

 

乳酸菌が摂れる食品

(たくあん、ぬか漬け、すぐき漬け、キムチ、味噌、醤油、納豆、ヨーグルト、チーズなどの発酵食品)

 

便秘解消効果のあると言われる食品

(エクストラバージンオイル、オリゴ糖)

 

 

 

和食

日々の献立が大変ですが、和食を意識することで自然なお通じを迎えられるようにお腹の中の環境を整えていけますよ。

 

足りない部分は上記でご紹介している健康食品で補うこともできますので、辛い時期を健康な赤ちゃんのために乗り切って下さいね!
その瞬間に全ての努力は報われるのですから☆